乾燥肌を防ぐ洗顔方法

乾燥肌を防ぐ洗顔方法

乾燥肌を防ぐ洗顔方法

 

年齢を重ねてもいつまでも肌は潤っていたいものです。
そのためには毎日のスキンケアが重要になってきます。
そしてすべての肌トラブルの原因が乾燥肌と言っても過言ではないでしょう。

 

 

乾燥肌にならないためにはクレンジングがとても大切です。
ここで問題なのが朝、夜と同じように洗顔する人がいるということです。
夜は日中、外に出ていて外的環境から生じた汚れが
肌表面に付着しているので必要性があるのですが、
朝はそんなに必要性がないと言えます。

 

 

何故かというと朝も夜と同じように洗顔することで
寝ている間に発生した肌に必要な皮脂までも落とす可能性があるからです。
そのため朝は軽く濡らしてこすらない程度で洗顔し、
日中用の乳液をつけるだけで充分肌は潤いを保てます。

 

 

問題は夜の洗顔です。
先ほども述べたように日中、外出することによって肌には色んな汚れが付いています。
それらを落とすためには洗顔料で洗い流すことは欠かせません。
しかし、ここで注意したいのが刺激が強い洗顔料を使ってはいけないことです。
強い洗顔料を使用することによって乾燥肌になってしまうからです。

 

 

そして顔に洗顔料が残らないように十分に注ぐことが必要です。
また顔を拭くときもタオルでこするのではなく、
顔に優しくあてるようにすることが肌の乾燥を防ぎます。

 

 

一昔前は爽快感を重視していてそういった類の商品がありましたが、
最近は女性も男性も潤い成分が入った洗顔料が多く出ています。
現在ではそれほど乾燥肌が危険であることが考えられ、
重く受け止められるようになったのです。

 

乾燥肌を招いてしまうダメな洗顔方法

乾燥肌になると痛い

 

お肌のトラブルで、よく話題になるのが乾燥肌です。
スキンケアを気にしていても、間違えた洗顔法では余計に乾燥肌が酷くなってしまいます。
普段何気なくやっている洗顔に問題がある場合が考えられます。

 

 

では、どのような洗顔方法が問題なのでしょうか。
今回は乾燥肌を招いてしまう間違った洗顔法について調べてみました。

 

洗顔に使うお湯の温度が高い。

まず熱すぎるお湯は、折角の肌のバリア機能を壊します。
洗顔には、30度から35度くらいのお湯が最適です。

 

肌をゴシゴシとこするように洗う。

次にしっかり洗顔しようとして、こすりすぎるのは逆効果です。
余計に肌を痛める原因となるので、注意しましょう。

 

クレンジングと石鹸洗顔のW洗顔。

クレンジングと石鹸によるW洗顔も大事なようですが、肌のことを考えると避けるのが一番です。
結局、洗いすぎは肌に大事な油分まで取り去ってしまいます。
過度の洗顔は、肌にとってダメージであることを意識しましょう。

 

入浴や洗顔からスキンケアまでの時間がかかりすぎる。

そして入浴後、洗顔後はスキンケアの好機です。
肌は思っている以上に早く乾燥していきます。
時間を空けると、すぐに乾燥に至ってしまうので素早くケアしましょう。

 

洗顔後、化粧水だけでクリームやオイルなどの油性化粧品を使用していない。

化粧水だけに頼るのではなく、保湿クリームやオイルによるケアも大事です。
洗顔後の保湿に蒸しタオルも効果があるでしょう。

 

 

 

日常の洗顔を改善するだけで乾燥肌の対策になります。
きちんとスキンケアして顔 乾燥を防ぎましょう。

 

 

 

>>>乾燥肌を防ぐ石鹸|うるうるすべすべ肌を手に入れる!TOPへ戻る